必要な役割

赤ちゃんとお母さん

社会保険労務士は、労働社会保険の諸法令に基づく書類作成や手続き代行のほか、労務相談や人事制度構築などを行う国家資格です。 かつては中小零細企業を主な顧問先として、会社の事務手続きの代行や事務手続きの軽減化の手伝いをしてきましたが、インターネットや役所の手続きが簡便化したことにより、社会保険労務士の存在意義が少しづつ変わりつつあります。 もちろん書類の作成代行や提出代行は重要な仕事ですが、パソコンの普及、支援ソフトの普及のほか、主な顧問先としていた企業では手続き業務自体の件数が少なく社会保険労務士に依頼するほどではない、という実情があります。 よって、今後はメインとする仕事の中身を大きく変えていく必要があります。

社会保険労務士として今までのような手続き主体では成り立ちにくくなってくことから、同業者との差が見出しにくくなることは必至で自身の専門分野を見つけ、深堀りする必要があります。 例えば、相談業務をメインとして、年金相談とくに障害年金の専門家となるなり、人事制度の専門家として、評価制度や賃金制度の構築・導入支援・アフターフォロー等自身の強みとなり他者との差別化出来る分野を見つけ出す必要があります。 以前より言えることですが、オールラウンドに対応できる人が多い資格と言えますが、一方で依頼者からすると、どの人に頼んでいいのかわかりにくく、手続き代行などは価格競争になりやすいので、自身の強みとなるものを磨き上げて、強みを構築する必要があります。