多い病気

考える女性

日本でうつ病が他の病気と同じように認知されたのは、最近のことだと言えると思います。 つい最近までうつ病を甘えと断定し、その偏見に苦しんでいた人がたくさんいたのです。 しかしうつ病は古くからあった病気なのです。 この病気は、狩猟時代の頃からすでに存在していたと言われているのです。 紀元前5世紀にはヒポクラテスが、うつ病に関して説明した医学書を遺しています。 その後も、西欧諸国を中心にうつ病の研究が進められていったのです。 ですからうつ病は、相当古くから知られていた病気なのです。 また、小説家がなりやすい病気でもあったようです。 夏目漱石や芥川龍之介、そして有名な政治家なども、この病気で苦しめられていたと言われています。 このように、昔からその存在が知られていた病気なのです。

うつ病に苦しんでいる人が増えています。 しかし適切な治療をすれば、治せる病気になってきているのです。 最近では、うつ病であっても入れる保険もたくさんあります。 持病があると保険に入るのは難しかった時代もあったのですが、最近では徐々に変わってきているようです。 逆を言えば、うつ病などの疾患も既往歴として扱われるために、保険に入ろうとしても断られる原因となっていたのです。 保険に加入することができないと言うのは、大変に不安なことです。 それが今では、加入できる保険も出てきてその数も増えているのです。 殆どの保険会社では、インターネット上にホームページを開設しているので、それを参考にして加入する保険を決めるのも良いと思います。 今後も、うつ病でも加入できる保険が増えていくことが予想されます。